Bitter Life

34歳結婚7年目、不妊治療の記録です。人工授精、体外受精、人工死産、胎盤遺残、その後の妊娠について書いています。

38w5d/39w4d 妊婦健診【14/15回目】 まだまだ・・・?

f:id:yuyuyunana:20200624172658j:plain

どちらもあっさりした健診だったため、ついにひとつにまとめてしまいました(笑)
予定日前最後の健診が終わったため、いちおう産前最後の更新のつもりです。
ですが超過した場合には40週4日に予約が入っており、
現時点ではどうなるかはわかりません。

38w5d 妊婦健診【14回目】

本日の担当医は若めの同世代くらいの男性医師。
さわやかスポーツマン風で、休日はバスケしてますとか言いそう。

子の大きさは3000g弱くらい。
心臓や心拍も見てもらい、「異常ないですね」「よかったです」と返した。
今日も3Dエコーでも見てもらえ、位置はよかったもののもう大きさ的に厳しいご様子。
「ここが目で鼻、口です」とは教えてもらったけど、
説明を受けても正直なんとなくすらわからない・・・。
雨雲レーダーの白黒写真ですと言われても違和感ないくらいな(笑)
今日は2Dエコー写真はもらえず、この3Dエコー写真のみいただく。

子宮口の開きの確認

その後助産師さんから
「今日は内診があります。
子宮口の開きを見ますが、痛いかもしれません。
けれど足を閉じようとすると余計痛いので、力を抜くようにしてくださいね。」
という説明があり、かえって事前の説明があったことにより不安に。
子宮口の開きの確認てそんなに痛かったっけか・・・?

別室に移動し、内診台へ。
確かに指だし経膣エコーより異物感はあるものの、思っていたより平気でした。

足の浮腫み

着替えてそのまま面談へ。
最近ちょっと足のむくみが気になっていたので、こちらも報告。
「ほんとだ、ちょっとむくんでますね。
でもまぁこの程度なら。」
気になるようなら塩分を控えたり、足を高くして寝るのもいいらしい。
ここに血圧が高めだと要注意になるけど、血圧も正常の範囲内だった。

開きはまだまだ

気になる子宮口の開き具合は全然まだだったそう。
「予定日は過ぎそうですか?」とも聞いてみたけど、
「まぁ予定日くらいですかね?」と笑顔で返される。
内心、いままったく開いていないとなると予定日超過になるのでは・・・?と気になった。
次回の健診は6日後、39週4日になった。

出血、陣痛、破水の可能性

あとは助産師さんから
「今日は子宮口の開きの確認があったため、出血があるかもしれません。
おしるしとは違うので、そこまで心配しないでください。
出血量が多かった場合や陣痛がきたり、破水した場合はもちろん病院に連絡してもらって大丈夫です。」
親切に教えてくれたものの、出血も破水もなく次の健診をむかえました。

39w4d 妊婦健診【15回目】

この数日前から、ときどき生理痛のような痛みを感じるときも出てきた。
もしや陣痛・・・!?なんてドキドキしたけど、しばらくすると治まったりして。
病院に電話したほうがいいかな!?まではいかずに、健診予約の日をむかえることに。

本日の担当医は初診のざっくらばんな女医さん。
担当医制ではなくいろんな医師の目で見る方針らしいし、もしかして一周したかな?

心拍と大きさ

経腹エコーをあてると、子は口をもごもご動かしているのが見えた。
「元気ですね。赤ちゃんは羊水を飲んでおしっこをしているので。
口が動いているので心臓が動いてないということはないと思いますが・・・」
と心臓にもエコーをあてて心拍も確認。

大きさは推定3080gらしい。
「大きくなってきたので、産むのが大変になる前に早く生まれるといいですね。
あとお母さんの体重が増えすぎても大変になります。」
ここで妊娠前からかなり体重が増えてしまったことを言ってみたけど、
見た目での判断では大丈夫とのこと。それと
「あと背が低い人も骨盤も小さめで開きづらかったりしますが、大丈夫そうですね。
もちろんお産は人それぞれなので、必ずそうなるではなく、そういう傾向が多いくらいのことですが。」

久しぶりのお顔拝見

そのあと3Dエコーでも診てもらう。
これまでのことを考えると、本日はわりと映りがいいほうの部類に入るエコー写真を入手(笑)
ただやはり大きさ的に厳しいものがあるのか、壁に押し付けられている顔を撮ったような、鼻がつぶれたような画像だった。
「生まれてもここまでペタンコではないので安心してくださいね」とも言われる。

痛かった!

その後は隣の部屋に移動し、内診。
さて、子宮口の開きはいかに。
先週がそこまで痛くなかったので油断してたわけですが、
え・・・ウソ・・・先週より痛い(泣)
「ぜんぜん開いてないね」とひとり言のような医師の一言。
思わず足も閉じ気味になってしまったわけですが、うめき声が出たりしてそうこうしてるうちに解放された。
助産師さんの、「では着替えてください」
「ハァイ・・・(ぐったり)」と返したら、わたしの反応が面白かったようでふふふと笑われました。

産後と予定日

着替えての面談。
産後は母子同室なのか聞いてみたら、基本的には問題なければすぐに母子同室らしい。
でも「とてもじゃないけど疲労で厳しいです」であれば、すぐに預かってもらえるとのこと。
そこまでスパルタっぽい雰囲気は出ていなくてよかった・・・。

もちろん聞きました。
「予定日は過ぎそうでしょうか?」
「こればかりは神様が決めることなので、わかりませんね。
子宮口は柔らかかったものの、開いてはいないです。
陣痛が始まると自然と開いてはきます。
刺激しておいたので、その日に陣痛がくる人もいますが。」

うーん、たぶん今日はないんだろうな。(あくまで予想)
切迫流産・早産などもあったし、これまですごく妊娠経過が順調というわけではなかったから、
予想では予定日よりは早く生まれるものだと思っていた。
「お産は人それぞれ」が深い。

NSTと願望

そのあとは前々回ぶり、2回目のNST。
30分くらいと聞いていたけれど今日は長く感じた。
待ち合いで待っている時間には激しいくらいの胎動があったけど、
このときは割と動きは少なくおとなしめ。
それでも問題はなかったらしい。

これからの過ごし方としてあまりじっとしているのもよくないようで、
翌日から散歩したりもう少し動くことを意識しようと思った。
正直お腹が大きいと動くのも億劫ではあるけど、
できれば6月中には生まれてほしい気持ちもある。
(自分も6月生まれのため)

この更新(健診)が産前最後になり、次回には無事に出産報告ができますように。