Bitter Life

33歳結婚6年目、不妊治療の記録です。人工授精、体外受精、人工死産、胎盤遺残、その後の妊娠について書いています。

体質改善を目指して④ 漢方(陽性後)と鍼灸院まとめ

f:id:yuyuyunana:20200113162130j:plain

今回の記事は陽性後に安胎効果(流産予防)として紹介された漢方のレビューと、
鍼灸院のまとめです。
時期的にもっと早く書けばよかったのにすっかり遅くなってしまった^^;

移植前~判定日まで、漢方薬局で処方してもらった漢方を飲んでいました。

www.bitterlife.site

その際に陽性だった場合、
安胎効果もある漢方もありますと宣伝される(笑)
陽性判定を受け、
迷ったけどそちらも購入して飲んでみることに。

今回は予算5000円程度と決めていたのでその範囲で購入しています。
(LINEのお友達登録クーポンと、自宅に届いたDMの割引も使用)
2種類を各20日分処方してもらったのですが、
20日後なら心拍確認も過ぎている頃だろうし・・・という算段でした。

陽性後の漢方 

田七人参(でんしちにんじん)

1包170円

基本情報
田七人参は、中国の雲南省の海抜約1500m~2000mの限られた地域で生育するウコギ科の多年草で、和名をサンシチニンジン(三七人参)といいます。
中国では古来より、止血作用がある生薬として用いられ、雲南地方では「金不換」(金では買えないもの)といわれるほど貴重な秘薬として重宝されてきました。
田七人参はサポニンを豊富に含むほか、体に活力を与えるアルギニン、血管に働きかけるフラボノイド、さらにビタミンやミネラルなど多くの栄養成分を含んでおり、これらが複合的に作用することで本来の効力を発揮します。

 

こんな方におすすめ
○肝臓の健康を保ちたい方
○風邪をひきやすい方
○生活習慣病を予防したい方
○糖尿病を予防したい方
○血流を改善したい方

田七人参 | 成分情報 | わかさの秘密

f:id:yuyuyunana:20200113163213j:image

飲みやすさ ★☆☆☆☆
1日1回 朝のみ

20包分購入。
苦~い人参味の粉末です。
後味悪し。
粉は粉でも顆粒だったらまだよかったのですが、
例えるなら片栗粉のような飲みづらい粉末。

あと袋の裏に「妊娠中の方はご利用を控えてください。」と載ってあり、
え・・・処方されているものだから、大丈夫だとは思うけど・・・と不安に。
(下の心脾顆粒のほうは妊娠中は登録販売にご相談くださいで、
こっちの表記だったらよかったのですが)
胎児に影響があるかもしれないのはさすがに心配だったので、
LINEで聞きました。
「もちろん大丈夫です。
安心してご利用ください。
こちらも説明が不足しておりすみません。」というお返事をもらう。
事前に説明があるともっと親切でした^^;

 

心脾顆粒(しんぴかりゅう)

1包173円

特徴
10種類の植物性の生薬を原料として製剤化したもので
貧血、不眠、健忘の改善を目的としております。

 

効果・効能
貧血、不眠、健忘

 

成分
オウギ、トウジン、ブクリョウ、ビャクジュツ、カンゾウ、トウキ、リュウガンニク、サンソウニン、オンジ、モッコウ

心脾顆粒(しんぴかりゅう)公式ページ|漢方・中医学のイスクラ産業株式会社

f:id:yuyuyunana:20200113163235j:image

飲みやすさ ★★★★☆
1日1回 夜寝る前のみ

20包分購入。
こちらは葛根湯(ウコン系)のような、いかにもな漢方のお味。
移植周期に飲んでいた冠元顆粒に近いです。
比較的飲みやすい。
みんなこんな感じの漢方ばかりだったらいいのに(笑)

 

まとめ

漢方のおかげかは断言できませんが、
妊娠初期は大きなトラブルや切迫流産の兆候もなく過ごせました。
(10週頃茶おりはありましたが、とっくに飲みきっていた時期)

気休めだったとしても飲むことによってなにもしないよりは安心できたので、
漢方はまた次に移植、陽性後を迎えることがあればお世話になりたいと思っています。

つわりが結構きつかったので、
実はつわりに効く漢方も購入を検討していました。
しかし漢方薬局にすら行くのがしんどい状態になってしまい、
結局購入しないままつわりが落ち着いてしまう。
(カウンセリングも結構時間を取られた覚えがあるし)

漢方薬局ではなくネットで調べた漢方をネット購入するのも考えましたが、
夫から賛同を得られなかったので諦めた^^;

ブログのネタ的にも実際に飲んでみて検証、レビューしたかったところではありますが・・・。
もし後期つわりや次回妊娠時につわりで苦しむことがあれば、
ぜひとも飲んでみたいです。

 

鍼灸院

鍼灸院については、実は3回転院して4ヵ所ほど行きました。
(替えすぎやろー!という声が聞こえてきそう)

よもぎ蒸しについては陰性だった移植2回目にはいきましたが、
このたびの移植3回目ではいきませんでした。

せっかくなので簡単にまとめました。

鍼灸院については過去にコチラの記事でも触れています。

www.bitterlife.site

www.bitterlife.site

①新宿某院

AIH時代に通っていました。場所は新宿。
不妊の鍼灸院専門で何人もスタッフがいるようなきれいな院内。
スタッフも不妊治療に対しての知識が豊富で話しやすい雰囲気。
何回か通ったけど、施術時間が着替え含め30分で6000円程度に不満を持ってしまう。
ちょっと料金に対して時間が見合ってないような、と思い始めてしまい、
足が遠のいてしまった。
(でも新宿だと場所代もあるだろうから正直仕方ないような気もする)

 

②マッサージ店の不妊鍼灸コース

1回目の移植周期に通っていました。
東京時代の自宅やクリニックからもほどよく近く、アクセスも◎。
不妊専門ではなく肩こりや腰痛治療のマッサージや美容鍼などいろいろなコースがあり、
そのなかに不妊鍼灸コースを見つける。
不妊鍼灸コース担当の鍼灸師さんが一人しかないので、
その人の出勤日に合わせて予約するかたちに。
料金が施術時間1時間で6000円程度で、
①とは違い鍼灸に加えてマッサージがあったのがすごくよかった。(①は鍼灸のみ)
東京から引っ越したため、必然的に行きづらくなる。

 

③1回のみ鍼灸院

現在の自宅地域でも鍼灸院に通おうと思い、料金とHPの雰囲気で決めた。
1回で辞めてしまったのはアクセスがよくなかったのと、
(混雑しやすい道路や思ったより遠かった)
人気があるようで予約も取りづらかったため。
料金は40分で4000円代程度。
お灸はほぼせずに電気と鍼がメインらしい。
同世代の男性鍼灸師お一人でやられているようですが、長髪、Tシャツ、ジーパン、ごつめベルトとかラフな格好すぎてちょっとひるんだのは内緒です(笑)

ここは行くのを辞めようと思って、
②に戻ろうか考えました。
東京ではあるけど、
もしかしてクリニックの予約と合わせれば通えないこともないかもしれない・・・。
しかし久しぶりに電話したところ、
唯一の不妊鍼灸師さんは退職されていた。
確かに通ってたときにいずれ地元に帰って独立したい、
と聞いてはいたので納得。
いまは不妊鍼灸は取り扱っていない状態のようです。

 

④コスパが嬉しい鍼灸院

3回目の移植を控え、再び近場で探そうと思い、
東京とは違い数が少ないので正直もうここしかないが本音。
90年代風のホームページがなんとも懐かしい。
わたしだってHP作れないのに上から目線で恐縮なのですが、
ここに載ってるおじさん鍼灸師さん頑張って作ったんだな・・・
というのがすごく伝わりました(笑)
お金かけて委託で作ってもらえばいいのにー!(心の声)

治療メニューは不妊以外も扱っていますが、
一番の得意分野は不妊治療だそう。
鍼、お灸、マッサージすべてあり。
町の小さな個人院さん感。
料金は30分3000円と載っていたのですが、
サービスなのか親身なのか料金そのままでいつも1時間やってくれていたので破格に感じます。
ありがたい。

ここではウォーキングが大事ともアドバイスされました。
確かに東京のときは徒歩移動+仕事でも歩くは当たり前だったけど、
引っ越して車生活になったしな・・・。
移植一週間前から初めたので付け焼き刃感ハンパないですが、
できることはやっておきたくて近所を散歩したりと意識して歩くようにしました。
陽性後は「卒業のタイミングは自分で決めてもらう」がこちらの方針だったので、
いまはいったん卒業している状態です。

 

最終的にいまのこの鍼灸院で満足しています。
メニューに逆子治療があるので、
もし逆子と言われてしまったらまたここに通いたい。
もちろん次の不妊治療の際にもお世話になるつもりでいます。

 

まとめ

鍼灸院には初めて通いましたが、
興味がある方には一度はおすすめしたい。
身近に治療のことを話せる人がいない・・・という方も、
気を遣わずに治療の話もできるのでメンタル面もケアしてもらえると思います。