Bitter Life

33歳結婚6年目、不妊治療の記録です。人工授精、体外受精、人工死産、胎盤遺残、その後の妊娠について書いています。

13w3d 妊婦健診【3回目】 涙の健診

f:id:yuyuyunana:20200112002415p:plain

 

11週を過ぎてつわりが軽減

11週を過ぎたあたりから、少しずつ体調がいい日が増えてきた。
もちろんまだタイミングによってはにおい過敏でしんどかったり、
胸焼けのような症状があったけど・・・。
ほぼ一日布団の上で過ごすような日はなくなった。

家事をしたり動こう、と思えるようになってきて、まともな生活ができることにじみじみありがたく思ったり。

11週過ぎでつわりが軽くなるというのは、前回の妊娠と同じタイミングでしたね。
ただしんどさの度合いでいうと今回のほうがきつかったです。

 

つわり時期の救世主

専業主婦のわたしにとって、日々の食事を用意をするのは大事な仕事。
そして我が家は夫は料理はできない人。
つわり時期はキッチンに立つのもしんどい状態が続いたので、生協(パルシステム)に本当に助けられた。

 

冷凍庫になにかしらストックしてあるので、解凍して焼くだけなら夫でもできる。
契約していて改めてよかった・・・。
以前記事にしたことがあるけど、ここでも改めてシェア。

www.bitterlife.site

きっと里帰り時期の夫一人暮らし生活や、産後も大いに貢献してくれるでしょう。
これからも頼りにしています。

 

テレビっこになりました

あとつわりを経て変わったことがあって、テレビをよく観るように。
これまでテレビってほとんど観てなかったんです。
どうしても観たいものをたまに観るくらいの頻度。

それがこのたびのつわりではパソコンもスマホも画面に酔う感じがあり、あまり触りたくなく。
なぜかテレビは大丈夫で。
寝室にしかテレビがない理由も大きいけど、横になりながらテレビ観てました。
気分転換にもなってこれにも助けられまして。
おかげで毎週定期的に見るような番組もできました。

 

不妊治療からのマタニティマーク

ツイッターでこんなつぶやきをしたのですが、

(わたしにしては)たくさんいいねもらったり、フォロワーさん以外の方からもリプで反応いただきました。

わたしが頭固いのかと思っていたけど、そんなことはなく。
コメントをくださった方には見えないようにバッグの内側につけていたり、
体調に不安があるときや電車など、
特定のタイミングだけつけるようにしていて・・・。
不妊だったからこそなにかしら配慮の気持ちがある方も多いようで、なんだか安心しました。

 

いまでもつけられない自分

ちなみに16週を控えたいまでもわたしはつけられていません。
当初は知人に会うとき以外と、
明らかにお腹が目立つようになったらつけようかと考えていました。

それでも改めてこのマークを見ると・・・。
やっとつけられるようになって嬉しいより、見たくないものとしての気持ちが勝ってしまう。
なかなかすぐには気持ちが切り替えられません^^;

マタニティマークをつけるかどうかは個人の自由。
わたしは地方在住なのと働いていないので、電車やバスを使う機会も少ないです。
それでも万が一の緊急時や急変に対する不安はある。
23、24週以降はなにかあっても蘇生の対象になるので、そのあたりからお守りがわりにつけるのもありでしょうか。

 

12w4d 膣洗浄のみで受診

前回膣洗浄のみで受診したときには、エコーも見てもらえました。
なのでわたしはてっきり今日もエコーも診てもらえるつもりだったけど、
本日の担当医は本当に洗浄のみにするつもりだったよう。

ちょっと言い出しにくかったけど、洗浄後に「生きてるか心配で・・・」と申し出てみた。
すると女医さんはパソコンのカルテを見たあと、「ではちょっと診てみますか。」
経腹エコーで心拍だけさっと確認してくれた。
お腹にジェルを塗って、(今回の妊娠では)初の経腹エコー。
ぼやぼやっとした心拍が見えたのは本当に一瞬で、
よかった~と思う間もなく終了(笑)
「詳しいエコーは健診のときに診てもらってくださいね」まさに秒察。
いやそれでもありがたかったですが。
「基本はエコーも4週間に1回です」とのこと。

 

本音とトキソプラズマ

タイミング的につわりも軽くなったことと、
かつ胎動もまだわからない時期で心配だったけど安心できました。
本音を言うと膣洗浄のみでも受診はしているし、
お忙しいところお手数をかけているとは思いますが・・・。
写真までくださいとは言いませんので、エコーは言わなくても診てほしい・・・!!(小声)

あとはトキソプラズマの血液検査の結果。
過去に感染歴はあるものの、いまは陰性らしく、特に気にしなくてもいいようです。

 

13w3d 妊婦健診【3回目】

3回目の健診の日。
本日の担当医は先週とは違う女医さん。

経腹エコーを受けながら女医さんから
「クリスマスの予定は?」「年末年始は帰るの?」といろいろ話しかけてもらった。
今までの担当医はそんなプライベートなこと聞いてこなかったので気さくで嬉しい・・・
と、言いたいところだけど、ついついエコー画面のほうが気になって会話に集中できない^^;

 

涙ながらのエコー

映し出されたのは、もう聞かなくても頭や手や足がわかるような人のかたちをしていて。
横向きに手をばんざいしているようなポーズをとっていて、
先生が「こっちに手を振ってるみたいだね」って言ってくれた。

2回目なのに、感動した。
いや、むしろ2回目だから?
と同時に死産のことも思い出してしまって。
またここまでくることができたのに、また失うことになってしまったらどうしよう。
改めて前の子もこんなにも人のかたちをしていたのに、なんて残酷なことをしたんだろう。
人工死産前に最後に写真撮ろうって撮ってもらったのが似たような正面からのエコーだった。
フラッシュバックってこういうことをいうんだろうか。
嬉しいのとこの先への不安と罪悪感が混じりあったような気持ちになって、泣いてしまった。

「ゆうなさん泣いてるの」

「すみません。
すごく嬉しいんですけど、死産のことを思い出してしまって・・・。」

恥ずかしい。
けど泣いてしまったものはもうしょうがない。忘れてください。

 

今後の健診は・・・。

その後は別室にて膣洗浄。
せっかく経腹エコーになっても、膣洗浄をするなら結局は今後も下も脱がないといけないことに気が付いた・・・。

お会計は今日は40円で助かった。
1回目も2回目も助成券を使っても高いと思ってしまうような金額だったので、実は気になっていて^^;
健診の費用は地域によってかなり差があるみたいですね。
血液検査がない日だったから安いのかな?
(膣洗浄のみの日も数百円で済んでいます)

3回目の健診は、恥ずかしながら涙の健診になってしまった。
現状は問題なしでも、一度経験してしまったことがなくなるわけではないし。
これからもたぶんビクビクしながら健診を受けることにはなりそう・・・。