Bitter Life

33歳結婚6年目、不妊治療の記録です。人工授精、体外受精、人工死産、胎盤遺残について書いています。

産後33日目 胎盤遺残MRI検査

f:id:yuyuyunana:20190217115913j:plain

MRI検査初体験

 今日は診察なしでMRI検査のみでの予約。
今までさんざん痛い思いをしてきたので心配になりMRI経験者に聞いた。
痛みはないが音がうるさいらしい。

 

当日は食事は予約3時間前までに済ますこと(水のみ直前まで可)、コンタクトレンズ不可、保湿性下着(ヒートテックなど)不可の注意点があった。

 

当日の流れ

 放射線科で呼ばれて中に入り、ショーツのみ許されその上から検査着に着替える。
横になり洞穴のような装置に吸い込まれていくわたし・・・。
これが噂のMRI。
ヘッドホンもするんだけど確かに大きな音が気になる。
例えるなら映画なんかで非常事態発生なシーンで流れるサイレンのような音。
実はなにか機械や病院で異常が起こっているけど、わたしだけ気付いてなくて取り残されてたりしないよね!?と妄想(笑)


スタッフは撮影中は外に出るので一人の部屋になる。
気分が悪くなったときように中止してほしいことを伝えるナースコールも持たされる。
短時間だし耐えられないほどではないけど、気分がいいものではないことがわかった・・・。
自動音声に従って呼吸を止める指示も出る。

 

後半は造影剤を入れての撮影。
子宮の撮影でも手の甲からの、点滴のような注射で驚いた。
手の甲だど腕より動かすから針を抜いたあとでもピリッとする痛みがあるなと。

 

一度終わったと思いきや、あれ?撮れてない?などの音声での会話が聞こえてきた。
だ、大丈夫・・・??
「すみません、もう一度やります」
今度は無事に撮影できたみたい。
検査時間は30分弱程度で終了。

 

結果は一週間後 

 次回はこの一週間後に外来予約。
手術になりますって言われるのかな・・・。
ポジティブに考えたいけど、死産のこともあってつい悪いほう悪いほうに考えてしまう。
なにか関係ない違うことをしていても常に頭の片隅にはあって、集中できないような日々が続いた。