Bitter Life

32歳結婚5年目、不妊治療に関することの備忘録です

11w0d 大量出血と入院決定

f:id:yuyuyunana:20181130131242j:plain

11w0d、この少し前あたりから徐々につわりも治まってきて、ご飯も美味しく食べられる日が増えてきました。

(日によって胸焼けやだるさがあったりとまだ体調はばらつきあり)
夕方の16時台頃、そろそろ夕飯の買い物に行かなきゃなと考えながら自宅にいたときに、きました、大量出血が。
腹痛はなし、色は鮮血に近かったです。
今までは歩いた直後に起きやすかったのですが、完全に座って休んでいる状態だったのでもしかして安静関係ない?という疑問も。
さすがにもう

またか、、、いやこれまでの感覚からするとそろそろだと思っていたよ、、、
夫にもLINEし、クリニックにも即電話。
17時半なら空いていますと言われたのですぐに向かいます。
家から近くの予約も取りやすいクリニックを選んで本当によかったです。

 

内診と触診(泣)を済ませ、隣の診察室に移動するちょうどいいタイミングで夫も到着。
二人で中に入ります。
血腫の大きさは4.6㎝×5㎝で、また子宮頸管も短くなっているという説明。
「いくら出血で圧がかかっているにしろ、やはりここまで短くなってしまう、しかも直近で2回というのは気になります。
無力症ではなくても弱い可能性もあるのかもしれません」と、心配してくれている様子が伝わりました。
今からでも産科への受診を勧められ、会計待ちに電話することに。

 

当然外来ももう終わっている時間です。
代表から電話は分娩室へつながれたようで、事情を説明しますが「とにかく来ないでほしい」というのがバシバシ伝わる塩対応ぶりでした。
すごく・・・辛かった・・・。
(ナメクジなら溶けて死んでます。)
押しに弱いタイプなので横で夫が怖い顔をしていなければ、「もう結構です」って言って電話を切りたかったです、本当に。
最終的に「緊急の手術が入ったので2時間・・・3時間・・・いやそれ以上、とにかく何時になるかわからないですがそれでもいいという覚悟でもよければ来てください」と、取り付けました。
諦めなかったこの判断はのちに正解だったわけですが・・・。
(まともに予約を取ろうと思ったら翌日でも取れるかもあやしいので)

 

クリニック近くのスーパーで夕飯がわりのおにぎりやサンドイッチを買い、そのままタクシーで病院へ。
夫にも先ほどの電話の愚痴をこぼしますが、

「仕方ないよ。甘やかして時間外にバンバン人が来られても困るんだし」とのご回答。
わたし小さい子どもってすぐ急に熱出したりするイメージなのですが、世のお母さんはこういった時間外受診の塩対応とも戦っているのだろうかと妄想しました。
それとも子どもならあっさり診てもらえたり?

 

病院に到着し問診票を書いている途中でトラブルも発生します。
出血によりあてていたナプキンが決壊し、履いていたボトムまで汚す事態に。
幸い濃い色を履いていたためそこまで目立たないことと、お尻まで隠れる羽織りも持ってきていたのでまだましでしたが・・・。
それでも病院の椅子を汚すわけにはいかず、座るときは持っていたハンカチをひいて座りました。

 

時間外の待合室では親子連れや年配めのかた、具合の悪そうな人がたくさん・・・。
万が一もらっても悪いからと夫に言われ、わたしは待合室の外の近くの椅子で待つことにしました。
呼び出しが聞こえなくなるので夫には残ってもらい、気遣いに感謝です。

 

診察に呼ばれたのは1時間半後くらいでしょうか。
思っていたよりも早いです。
初診のときとは違う同世代くらいの女医さんでした。
内診、触診(前回は2日連続と嘆きましたがまさかの1日2回笑)、おりものの検査をしたようです。
「では着替えてもらって今後の相談をしましょう」
この時点でえ?相談?と思い、言い方に引っ掛かりが・・・。

今までの経緯や先ほどのクリニックで言われたことなどをお話ししました。
「子宮頸管についてですが、血腫や出血がない状態で短ければ無力症ですが、あるうちはなんとも判断がつきません。
ただ縛る処置をするにしても、出血がないことと中の血腫がないことが条件になります。
血腫があるとそこから感染を引き起こすので。
出血による菌もいる可能性があるのでおりものの検査もしました。
出血量もちゃんと量って、抗生剤の点滴もして、そうですね、入院してもいいと思います。それか頻繁に外来に通うか。」

 

正直また急に出血したとバタバタ病院に来るより、もう入院したほうがよさそう。
自宅安静も限界があるし、なにかあってもすぐに対応してもらえるし。
覚悟を決めました。

 

「わかりました。入院します。」

 

今からでも、とも言われましたがもちろんそんなつもりで来ていなかったので荷物も用意していないし、翌日からにしてもらいました。
人生で初めての入院生活の始まりです。


本日のお会計(クリニックのみ)1,920円
体外受精治療費合計    1,007,800円