Bitter Life

32歳結婚5年目、不妊治療に関することの備忘録です

妊活あれこれ

f:id:yuyuyunana:20180305212937j:plain

妊活についてのあれこれや、今まで検査を簡単にをまとめてみました。

基礎体温

基礎体温は妊活をするにあたって一般的に大事だと思ったので、通院を始める2か月くらい前から付け始め、初診時に持っていきました。
しかしクリニックではさーっと見られただけで終わり、ちょっと拍子抜け・・・。
結局は来院して卵胞の大きさを見てもらってのタイミングの取り方になったので、あまり基礎体温については参考にしていません。
毎日洗って乾かして寝る前に寝室に持っていくのをたまに忘れたり、休みの日と仕事の日(現在週3~2で勤務)で起きる時間も結構違ったりしていることもあり・・・
正確性もちょっと薄い気がしています。
今でも自己満足のなにもしないよりはなにかしておきたい精神でいちおうつけてはいるのですが、万が一妊娠できたときに高温期が続く情報に、超初期にすぐ気付けたらいいなーくらいで考えています。

卵管造影検査

その名の通り卵管に造影剤を通してつまりや癒着などがないか見る検査だそうで。
去年の12月に受けました。
痛みは人それぞれらしく、調べた限りでは痛かったですという人と、もう終わったの?感覚の人が半分くらいでした。
わたしはすごく痛かったです!!
例えるなら人工的なとても重い生理痛のような・・・
仮にこの痛みのレベルの生理痛だったらとてもじゃないけど仕事や日常生活に支障が出ると思いました。
思わず息をとめて耐える感じになり、看護師さんにも息とめないでくださいなんて言われてしまいましたよ・・・。
本当に辛いのは5分もかからない程度で徐々に痛みがひいてくるのですが、予想外のしんどさにお会計が終わっても待合室でちょっと休憩してからクリニックをあとにしました。
検査代は8000円程度かかりました。
異常なしで安心しましたが、できれば2回目はやりたくない検査です。
この検査後はゴールデン期間といって次の周期から妊娠しやすいと聞き、期待しましたが自分には無意味に終わってしまいました・・・。

フーナーテスト

こちらも問題なしでした。
お会計もいつもの料金にプラス数百円程度でお財布にも優しいです。
旦那さんの動いてる精子の様子を見せてもらえたのですが、肉眼では見られない世界を見た謎の感動が・・・笑
思わず動画とか撮ってもいいですかと言いたい衝動にかられましたが、常識的に考えて言えませんでした笑

サプリ、ルイボスティー

ルイボスティーはもともと好きだったのですが、妊活にいいと知りよく飲むようになりました。
この時期はマイボトルにして仕事の休憩中にも飲んでいます。
スーパーによっていろいろ置いてあるメーカーが違うため、見たことないのを買ってみるのも地味に楽しいです。
サプリも今までは気休め程度に考えていて、手を出していませんでした。
しかし長引く妊活に同じく願掛けのなにもしないよりは精神で、葉酸を一か月前から飲み始めました。
こちらも値段が安いのから高いのまで、種類もたくさんあってどれを買えばいいのか迷ってしまいますね。
最終的に健康オタクの夫に選んでもらいました。
決め手はあまり添加物が入っておらず葉酸だけをとれるものにしたそうです。
ちなみにいまやっている木曜の妊活ドラマを観るまで、ずっと「はさん」だと思っていました笑
ひとつ飲みはじめたらマカも気になるし漢方も気になるし、子持ち知人にザクロをおすすめされたりしてきりがないです。
ザクロジュースって高いんですね・・・。
余裕があれば買いたいところではあるのですが、他の出費のことも考えるとなかなか即購入はしづらい金額です・・・。

夫の精液検査

お互い病院に行ってみようとなった際に、お願いするまでもなく率先して先に検査に行ってくれました。
検査代は1万円程度でした。
結果は数や濃度や運動率など、すべておいて基準値以上を叩き出していました。
精子数なんて最低3900万以上のところ、2億6600万だったので、思わず笑ってしまった思い出があります。
2億4千万の瞳よりも上回っています笑
エキゾチックジャパン。
おそらくさらにステップアップしてしまった場合、顕微授精ではなく体外受精になるのかなと漠然と思いました。
検査を受けることに抵抗がある旦那さんもいるみたいですが、そういう話を聞くと奥さん側だけ一生懸命みたいで悲しいですね・・・。
旦那さん側にも原因があるかもと疑いながら妊活するのも嫌だし、こっちも場所が場所なだけに抵抗持ちながらそれでも通院しているし、妊娠・出産はこちらの役割になるのに検査にすら協力してくれないなんて、と他人事ながら憤りを感じてしまいます。